発行図書その他

発行図書一覧

発行図書の内容についてのお問い合わせ

【編集・発行】 一般財団法人建築コスト管理システム研究所
発行図書PDF

購入・在庫についてのお問い合わせ

【発売】 株式会社 大成出版社
  • 電話番号03-3321-4131FAX番号03-3325-1888

発行図書一覧

[令和3年版] 公共建築工事積算基準
監修
国土交通省大臣官房官庁営繕部
発行日 2021年9月16日 購入先
定価 9,130円 (税込) 出版社
サイズ B5判784頁
ISBN 978-4-8028-3441-4
この度、国の積算に関する「統一基準」について、関係省庁連絡会議(国土交通省大臣官房官庁営繕部が事務局)において改定されました。当財団では、工事費の算定に必要とする基準類及び公共建築工事積算研究会参考歩掛り等を体系的に整理・編集し国土交通省大臣官房官庁営繕部の監修のもと、「公共建築工事積算基準(令和3年版)」として発行いたしました。
本書は、国の統一基準のうち公共建築工事積算基準、公共建築工事共通費積算基準、公共建築工事標準単価積算基準及び公共建築数量積算基準並びに公共建築設備数量積算基準等を収録したもので、昭和58年(当時は「建設省建築工事積算基準」の名称)から隔年で発行されているものです。
[平成31年基準]公共建築工事積算基準の解説[建築工事編]
監修
国土交通省大臣官房官庁営繕部
発行日 2019年11月16日 購入先
定価 11,000円 (税込) 出版社
サイズ B5判
ISBN 978-4-8028-3380-6
平成31年基準「公共建築工事積算基準の解説」(建築工事編)は、国土交通省官庁営繕部が策定した積算基準類及び公共建築工事積算研究会参考歩掛り等を体系的に整理・編集した「公共建築工事積算基準」(平成31年版)に収録されている積算基準等と国土交通省がホームページ上に公表している「公共建築工事積算基準等資料(平成31年版)」とについて、内容を関連付けて解説を加えるとともに、平成28年以降に改正された標準仕様書やJIS規格などとの整合も図り、見やすく分かりやすい解説書として構成したところです。
公共建築工事積算基準の解説[設備工事編]表紙Img差替え
[平成31年基準]公共建築工事積算基準の解説[設備工事編]
監修
国土交通省大臣官房官庁営繕部
発行日 2019年11月16日 購入先
定価 11,000円 (税込) 出版社
サイズ B5判
ISBN 978-4-8028-3381-3
平成31年基準「公共建築工事積算基準の解説」(設備工事編)は、国土交通省官庁営繕部が策定した積算基準類及び公共建築工事積算研究会参考歩掛り等を体系的に整理・編集した「公共建築工事積算基準」(平成31年版)に収録されている積算基準等と国土交通省がホームページ上に公表している「公共建築工事積算基準等資料(平成31年版)」とについて、内容を関連付けて解説を加えるとともに、平成28年以降に改正された標準仕様書やJIS規格などとの整合も図り、見やすく分かりやすい解説書として構成したところです。
建築数量積算基準・同解説(平成29年版)
制定
建築工事建築数量積算研究会
発行日 2017年7月20日 購入先
定価 4,400円 (税込) 出版社
サイズ A4判244頁
ISBN 978-4-8028-3287-8
本書は、建築数量の基本的な考え方や数量積算方法等について、具体的に分り易く解説している図書です。
今回の改定は、建築数量積算研究会等の積算関係者から寄せられたご意見等を参考に揚重機械器具、デッキプレート等の項目の追加、規定や区分の明確化、表現の適正化、関係基準類との整合を図るなどの見直しを行いました。
基準本文は平成18年以来、解説部分及び参考資料は平成23年以来の改定となっています。
公共建築設備数量積算基準・同解説(平成29年版)
監修
国土交通省大臣官房官庁営繕部
発行日 2017年12月25日 購入先
定価 4,510円 (税込) 出版社
サイズ A4判288頁
ISBN 978-4-8028-3315-8
本書は、国の統一基準である「公共建築設備数量積算基準」に基き、建築設備数量積算の計測区分や計測・計算方法等について解説を行っております。本の構成は、基準及び基準の解説のほかに参考資料として図面、拾い書等を用いた具体的な計測・計算例とし、さらに留意事項等を加えております。官公庁をはじめとした発注者や設備積算に携わる方々が適切な工事費の積算を行う上で分かり易い内容となっております。
建築工事内訳書 標準書式・同解説(平成30年版)
制定
建築工事内訳書標準書式検討委員会
発行日 2018年5月22日 購入先
定価5,060円 (税込) 出版社
サイズ A4判330頁
ISBN 978-4-8028-3330-1
本図書は、平成25年版の刊行から5年が経過し、その間の技術の進展、基準類との整合を図ると共に数量表記の考え方、新営工事の小科目の追加、発生材の運搬の科目移動等の改定を行いました。併せて新たに内訳書作成例(新営5科目)を作成し追記しました。
積算に欠かせない「建築工事内訳書標準書式(新営・改修・部分別)」とその解説書です。
公共建築工事内訳書標準書式【設備工事編】・同解説〈平成30年版〉
監修
国土交通省大臣官房官庁営繕部
発行日 2018年12月20日 購入先
定価 5,060円 (税込) 出版社
サイズ A4判320頁
ISBN 978-4-8028-3347-9
本書は、国の統一基準である「公共建築工事内訳書標準書式 設備工事編」に基づき、内訳書の作成方法について解説を行っています。このたび、営繕工事における「入札時積算数量書活用方式」の本格実施に向け「公共建築工事内訳書標準書式 設備工事編」の改定(平成30年3月)を受け記載内容の見直しを行いました。
解説は、平成24年版の刊行から6年が経過し、その間の技術の進展や基準類の改定などと整合を図るとともに、改修工事における解説や内訳書の作成例を増やすなどわかりやすい内容となっております。
建築積算のための仮設計画
監修
国土交通省大臣官房官庁営繕部
発行日 2021年3月31日 購入先
定価 5,500円 (税込) 出版社
サイズ A4判208頁
ISBN 978-4-8028-3436-0
当研究所では平成15年8月「建築積算のための仮設計画標準」を出版しましたが、法令・仕様書・積算基準等が改定され、揚重機械や足場についても名称や規格の変更等が行われる一方、施工労働者不足への対応も現場作業に求められるなど、施工現場の実態にも様々な変化が起きています。
そこで、改訂編集委員会を設置し、検討を進めてきた内容がようやくまとまりました。最新の法令や基準そして施工実態に整合させたほか、実務経験の少ない読者にも積算の体系や仮設積算について御理解頂けることを目指し、全体構成や記載内容の大幅な見直しを行うとともに、仮設計画図の例を掲載しています。
-公共建築工事積算基準に基づく- 改訂版
公共建築改修工事の積算マニュアル
監修
国土交通省大臣官房官庁営繕部
発行日 2015年2月10日 購入先
定価 6,050円 (税込) 出版社
サイズ A4判310頁
ISBN 978-4-8028-3168-0
・1186g
現行の積算基準類に取り込まれている改修工事の規定等について集約し、わかり易くまとめた解説書として、平成18年 2月に刊行して以来約9年が経過し、その間 積算基準類や書式類が改訂され、それらの整合性を図る必要が生じたことから、改訂版を発行しました。
公共建築設備改修工事の積算マニュアル
発行日 2013年3月20日 購入先
定価 7,260円 (税込)出版社
サイズ A4判420頁
ISBN 978-4-8028-2933-5
「公共建築設備改修工事の積算マニュアル」は、国の「統一基準」である積算基準類及び書式類の建築設備改修工事に関わる内容について解説するとともに、建築設備改修工事の積算内容や注意事項及び適用をどのようにすればよいか等を具体的な計算例を用いて分かりやすく説明しております。

「建築工事見積標準書式集は、[建築工事編]、[設備工事編]ともに、国土交通省ホームページから最新の書式(Excel形式)をダウンロードできます。

公共建築工事見積標準書式 【建築工事編】 http://www.mlit.go.jp/gobuild/mitsumori_kentiku.html

公共建築工事見積標準書式 【設備工事編】 http://www.mlit.go.jp/gobuild/mitsumorisyosiki_setubi.html