発行図書その他

発行のお知らせ・予定

平成30年12月現在

平成30年5月22日発行

建築工事内訳書標準書式・同解説〈平成30年版〉

制定
建築工事内訳書標準書式検討委員会
編集
(一財)建築コスト管理システム研究所/(公社)日本建築積算協会
発行
(一財)建築コスト管理システム研究所
出版社
(株)大成出版社
A4判330頁定価 4,600円(税別)
本図書は、平成25年版の刊行から5年が経過し、その間の技術の進展、基準類との整合を図ると共に数量表記の考え方、新営工事の小科目の追加、発生材の運搬の科目移動等の改定を行いました。併せて新たに内訳書作成例(新営5科目)を作成し追記しました。
積算に欠かせない「建築工事内訳書標準書式(新営・改修・部分別)」とその解説書です。

平成30年12月20日発行

公共建築工事内訳書標準書式【設備工事編】・同解説〈平成30年版〉

編集・発行
(一財)建築コスト管理システム研究所
出版社
(株)大成出版社
A4判320頁定価 4,600円(税別)
本書は、国の統一基準である「公共建築工事内訳書標準書式 設備工事編」に基づき、内訳書の作成方法について解説を行っています。このたび、営繕工事における「入札時積算数量書活用方式」の本格実施に向け「公共建築工事内訳書標準書式 設備工事編」の改定(平成30年3月)を受け記載内容の見直しを行いました。
解説は、平成24年版の刊行から6年が経過し、その間の技術の進展や基準類の改定などと整合を図るとともに、改修工事における解説や内訳書の作成例を増やすなどわかりやすい内容となっております。