システムのインストール及びライセンス認証について

システムのインストールとご利用について

営繕積算システム RIBC2のインストールとご利用について、ケース別にご説明いたします。
1)
1ライセンスのみのお申込み(同一ユーザーID)で、2つ以上のパソコンにインストールして使用することはできません。
例) 内訳書数量入力システムLITEを1ライセンスのみお申込みの場合
× 30-80000-L0001
1ライセンス

<Aパソコン>

30-80000-L0001
1ライセンス

<Bパソコン>

同一ユーザーIDを2つ以上のパソコンで利用することはできません。

2)
同じシステムを、2ライセンス以上お申込み(異なるユーザーID)の場合は、2つ以上のパソコンにそれぞれインストールしてご利用いただけます。
例) 内訳書数量入力システムLITEを2ライセンス以上お申込みの場合
○ 30-80000-L0001
1ライセンス

< Aパソコン>

30-80000-L0002
1ライセンス

< Bパソコン>

異なるパソコンに、異なるユーザーIDでご利用いただけます。

3)
2ライセンス以上お申込み(異なるユーザーID)の場合でも、同じ種類のシステム※1を、同じパソコンで利用することはできません。

※1

<種類>

標準単価系システム
・・・標準単価作成システム、単価登録システム
内訳系システム  
・・・内訳書作成システム、内訳書数量入力システムLITE
例) 内訳書作成システムと内訳書数量入力システムLITEを、各1ライセンス以上お申込みの場合
× CD
内訳書作成
システム
矢印01 30-80000-U0001
2ライセンス
30-80000-L0001

同じパソコンに、同じ種類のシステムをインストールすることはできません。

CD
内訳書数量入力
システムLITE
矢印02

4)
異なる種類のシステムを同じパソコンにインストールして利用することができます。(インストールしたシステム数分のライセンス認証が必要となります。)
異なる種類のシステムを各1ライセンス以上お申込みの場合
○ CD
標準単価作成
システム
矢印01 30-80000-H0001
2ライセンス
30-80000-U0001

同じパソコンに、異なる種類のシステムをインストールしてご利用いただけます。

CD
内訳書作成
システム
矢印02

ライセンス認証について

ライセンス認証とは、営繕積算システムを利用できるようにするための手続きです。
ユーザーIDとライセンス認証プログラムを用いて認証手続きを行って下さい。このプログラムは営繕積算システムに同梱されています。

  • システムをインストールし、ご契約開始日になりましたらライセンス認証を行ってください。
    ライセンス認証を行わないと、システムは動作しません。
  • システムを再度契約し、引き続きご利用される場合でも、新たにライセンス認証を行う必要があります。
  • ライセンス認証の手続きは、インターネットの接続が必要となります。インターネットに接続可能なPCをお持ちでない場合には、FAXのお申し込みによりライセンス認証を代行させていただきます。(お問い合わせください)
  • ライセンス認証は、ユーザーID毎に行ってください。
    システム毎に対応するライセンス認証プログラムがあります。どのライセンス認証プログラムを使用すべきかは、ユーザーIDのシステム区分からご判断いただけます。
ユーザーID 例 システム区分
30-80000-H0001  標準単価作成システム
30-80000-U0001  内訳書作成システム
30-80000-T0001  単価登録システム
30-80000-L0001  内訳書数量入力システムLITE
システム毎にユーザーIDが発番され、システム区分の異なるユーザーIDを用いてライセンス認証を行うことはできません。(平成24年度から「ユーザーID」に「システム区分」が追加されました。)