目的別比較表

「内訳書数量入力システムLITE、「内訳書作成システム」の一部機能を制限したシステムです。
下記の表をご確認の上、お申込みをお願い致します。

目的別

内訳書数量入力
システムLITE
内訳書作成
システム
積算業務を受託した場合 (1)
【下記(2)に該当しない業務】
積算業務を受託した場合 (2)
【共通費計算を行うために必要な、
  • 工事の区分の設定や工事の分割名称の設定
  • 共通費積み上げ分の登録
も業務に含まれる場合】
共通費計算(経費計算)を行う場合 ×
工事の出来高管理を行う場合
【スライド機能(RIBC2のみ)含む】
×
内訳書数量データ交換書式の機能を利用して、
他のアプリケーションで作成した内訳書データを、RIBC2内訳書ファイルに読み込みを行う場合注)

注)読込可能な内訳書データとは、内訳書数量データ交換書式に準じて作成されたデータに限ります。

「内訳書数量入力システムLITE」と「内訳書作成システム」の機能概要は、下記をご覧ください。

→ RIBC2機能概要(PDF142KB)