発行図書その他

Q&A

積算基準の解説等

公共建築工事標準単価積算基準 [平成29年版]

質問1 〈基準(電気)〉:「公共建築工事標準単価積算基準(平成29年版)」
表E1-2-1 配線器具その他(ア)には、「タンブラスイッチ1P15A×3、パイロットランプPL×1」の電工の歩掛りがありません。どのように考えればよろしいでしょうか。
回答1 表E1-2-1 配線器具その他(ア)の下欄注記に、
(注)1.適用に掲げる組合せ以外の配線器具の組合せの場合は、器具について当該組合せの器具とし、電工の歩掛りは次による。
S = A + (B + C + …) × 0.5
S:組合せた配線器具の電工の歩掛り
A:組合せる配線器具の中で最大の電工の歩掛り
B、C、…:A以外の配線器具の電工の歩掛り
と記載されています。
表E1-2-1による電工の歩掛りは、「1P15A×1」が0.054(人)、「1P15A×1 PL×1」が0.081(人)であり、「PL×1」の電工の歩掛りをB(人)とすると、
S 1P15A PL
0.081 0.054 B × 0.5
となり、「PL×1」の電工の歩掛りBは、0.054(人)と算出されます。
したがって、ご質問の「1P×3 PL×1」の電工の歩掛りS(人)は、
1P15A 1P15A 1P15A PL
S 0.054 (0.054 0.054 0.054) × 0.5
0.135(人)と算出されます。
質問2 〈基準(電気)〉:「公共建築工事標準単価積算基準(平成29年版)」
表E1-2-20 雷保護設備の「導線」と「水平導体又はメッシュ導体」の違いは何でしょうか。
また、「水平導体又はメッシュ導体」は「銅より線」と「銅帯又はアルミ帯」とされていますが、「アルミより線」を使用する場合の歩掛りは、どのように考えればよろしいでしょうか。
回答2 「導線」は、受雷部から接地極に至る引下げ導線に適用し、「水平導体又はメッシュ導体」は、雷撃を受けるための受雷部に適用します。
「水平導体又はメッシュ導体」に「アルミより線」を使用する場合は、「銅より線」の歩掛りを適用します。